「輝支援センター神戸」提供の

インターネットラジオ番組です



第1(土)13:30-14:00

ラジオママネット ~サタデーカフェテラス~

 

http://tcc117.jp/fmyy/「ラジオママネット〜〜サタデーカフェテラス」

ゲストをお迎えし、妊娠出産、乳幼児の育児情報、地域の子育て情報など、聴き心地よく、育児の応援となるような内容をお送りします。地域のイベント情報も発信します。

 

個性派のパーソナリティー各々の現在進行形の出産育児の経験をいかし、辛い渦中のパパママの想いの共感や、地域の居場所の存在をお知らせして、決して誰も孤立することのないように、子育て環境を応援してくれるリスナーさんが増えることを願っています。



第2(土)13:30-14:00 

わぃわぃキッズラジオ

http://yykidsradio.jimdo.com/

主に小学校高学年のメンバー(5,6人)がテーマトーク、イベントの取材や体験報告、メンバー同士でのディスカッションなどを行います。

出演を希望する地域の子ども達の居場所となり、公に発信する経験を通じたモラル形成、多文化理解、学習の場となることを目指しています。大人に子ども達の率直な声が届くことも期待しています。



第3(土)13:30-14:00

街ブラ ~人と街とくらしを探る~

 

 http://tcc117.jp/fmyy/第1回-街ブラ

パーソナリティーが、長田区と近隣の区を中心に、街中のおもしろスポットや施設、イベントに出向きインタビューしてきた内容を、楽しく紹介します。

こだわりや知る人ぞ知る、を掘り起こす番組です。



第4(土)13:30-14:00

ラジオママネット ~ママトーーク~

アメトーークならぬママトーーク。

井戸端会議的、自分達語り的番組です。

 

年齢や性別に関わらず、日頃世の中に抱いている疑問や不満の数々について、テーマトークで想いを共有し、課題をみつけてメンバーなりの改善案を考えます。

 



インターネットラジオの聴き方

ラジオアーカイブス~これまでの放送

過去の放送音源データは、環境によって再生できない場合があります。ご了承ください。

(mp3ブレスターのプレイヤーを使用しています。)http://www.blestar.com/playerset/index.html

2017年4月以降は、FMわいわぃのホームページからお聴き下さい。

http://tcc117.jp/fmyy/

ラジオママネット

第1回(2016/8/27) ラジオがはじまります!

第1回(2016/8/27)



第2回(2016/9/24) ママとベビーのまんがcafeタマんち

やまもとまちこさん

ゲストは、mamとbabyのマンガcafeタマんちのオーナー

やまもとまちこさんです。

親子でおだやかな時間をすごせる場所を 教えていただきました。



第3回(2016/10/22)乳幼児の親子英語教室、小・中学生のこども英語教室 講師

あき先生

第3回のゲストは、乳幼児の親子英語教室、小・中学生のこども英語教室でご活躍中のあき先生です。

小学生2児の母でもある先生。

英語にはまり、先生を志すきっかけは何だったのか?

英語だけでなく、さまざまな文化にふれる大切さなどをお話しいただきました。

神戸市立婦人会館の子育て現役ママの活動拠点である「神戸ママネット」で、さまざまな企画のコーディネートもされている先生です。

あき先生がロールモデルとなり、こどもを育てながらでも、地域活動しながらでも、やりたいことを実現できる場所と仲間がいること、活躍できるお仕事が創り出せることを、多くの神戸の人達に 知っていただくきっかけとなれば嬉しいです。



第4回(2016/11/26) 心理分析士、内面育成メソッド心理学協会認定講師オフィスムスビヤ代表

弘中明子さん

ゲストは、心理分析士、内面育成メソッド心理学協会認定講師としてご活躍の

オフィスムスビヤ代表

弘中明子さんです。

1)相手の思いをくみとるための「傾聴講座」「リスママプロジェクト」

2)自分軸を育む「内面育成塾」

3)その人が望む幸せを形にする「コンサルティング」

パーソナリティ、ミキサーが全員

弘中さんのトークに惹き込まれていきました(笑)

今月と来月の2回連続で

放送いたします。



第5回(2016/12/24) 心理分析士、内面育成メソッド心理学協会認定講師オフィスムスビヤ代表

弘中明子さん

ゲストは前回に引き続き、弘中明子さんです。

前回聴いてくださったリスナーさんから届いた質問は、

「自分の時間を作るために 子どもを保育所などに 預かってもらうのは いけないことでしょうか...」

こどもに怒ってしまう理由は、余裕がないから。

コミュニケーションとは、相手に言わなくても

私の気持ちが伝わる わかってもらえる、なんてことはない?!

人によって愛情表現が違うので、

それが違う同士だと 満たされない?

言葉で満たされる?

プレゼントで満たされる?

みなさま 自分の気持ちはきちんと 言葉にして 伝えましょう。

メリークリスマス!!



第6回(2017/1/28) 神戸市兵庫区こども家庭支援室まち育てサポーター

飯塚宏美さん

ゲストは、

神戸市兵庫区こども家庭支援室まち育てサポーターの

飯塚宏美さんです。

 

お母さんと地域のかけはしとなるために、

区役所や関連団体との連携をしながら、さまざまな子育て支援活動をしてくださっています。

 

この10年間でも、地域の子育て事情は様変わりしているようです。

 

子育ての孤立化を防ごうと、親子が楽しめる受け皿はたくさん増えたようですが。

 

公園デビューなどの親子地域デビューも、産後すぐから0、1歳児と

低年齢化してきていて、

 

逆に入園前の3、4歳児が減っていて、地域にお友達がいないことに困って、

幼稚園入園を焦る人も増えているとか。

 

スマホの普及で、すぐに情報は得られるけれど、

悩みを共有する場所がなく、どの情報が自分にとって正しいのか、

かえって思い悩む要因になってしまったり。

 

同年齢のこどもをもつ親子同士のコミュニケーションの場所は、

いつの時代にも必須なのではないか?という願いが出ました。

 

色んな人の力を借りながら、一緒に子育てをし合えて、楽しめる仲間ができれば、

とても心強い存在となりますね。

 

1人で、少ししんどくなっている時には、

どうぞ一度「まち育てサポーター」さんに会いに行って見てくださいね。

 

FMわぃわぃにも、多種多様な経験を積み重ね中の、

多国籍な優しいおもしろい大人もこどもも、たくさん集まっていますので、

ぜひ親子で おしゃべりに来てくださいね。



第7回(2017/2/25) 神戸おやこ療育サークル副代表

寺本夢さん

サークル代表はパーソナリティの

あきねえということで、

お二人に、サークルの立ち上げまでの誕生秘話や、

こどもの成長がゆっくりで可愛いこと、

将来への想い、サークルでやっていきたいことなどを

お話しいただきました。

 

後半トークのテーマは

「災害にそなえて」

阪神淡路大震災当時は学生だった私たちが、

今は親になっていて、

もし今災害が起こったら

こどもを守るためにどう行動するだろうか?

備えはあるのか?

ということに想いを馳せました。

避難所に粉ミルクの備蓄があることはわかりました。

(愛のミルク)

温め機能も備わっているそうです。

 

スタジオでは、前向きに育児をされているお話が聴けましたが、

そればかりではなく辛い気持ちになる時もあったりの現実。

だからこそサークルで想い共有することや、

周囲の正しい理解の必要性を感じました。

 

3/3(金)まで13:30-14:00に再放送されます。

 

婦人会館で2/25、26開催中の

リニューアルオープン

「あじさいフェスタ」の保育室でも

ラジオママネットをお聴きいただけます。

療育サークルの体験会や交流会も

ありますので、

ぜひ遊びにいらしてください。



第7回(2017/2/25)森のようちえん すまっこのもり 代表

澤井一紗さん

 

 

 森のようちえんとは、

1950年代中頃に北欧で

「子供たちに幼い頃から自然と触れ合う機会を与え、自然の中でのびのびと遊ばせたい」という願いからうまれた、自然の環境の中での幼児教育や保育の総称です。

北欧を中心に日本でも10年前頃から少しずつ広がってきました。

全国に300ヶ所ほどあるそうです。

印象的だったのは、

すまっこのもりは園舎を持たないようちえんだそうで、

意図的に大人の考えや考え方を強要せず、子どもが持っている感覚や感性を信じ、そして引き出すようなかかわり方をしておられることでした。

後半トークテーマは

「こどもにとってのあそびの意味とは」

公園の出来合いの遊具は毎日同じ顔をしていますが、

自然は毎日違う表情をしていて、

変化があるところから

新しい発見や遊びが、どんどん出てくるそうです。

そういうこどもの姿から

大人が学ぶことが多いということでした。

こども同士のけんかを、

どう見守るか?

心のこもった「ごめんなさい」に到達するためには...

必聴です。

放送は3/31(金)まで

13:30-14:00に再放送されます。

4月2日 (日)10時~13時に春休み特別企画があるそうです。

川遊びや、焚き火でヘビパンを焼けるそうです。

詳しくは、

http://ameblo.jp/521202-1202/entry-12256732220.html

ぜひ遊びにいらしてください。